他人と自分を比較して落ち込まない方法

他人と比較して落ち込んだり、嫉妬したり、煽られたりの頻度が高い人は、

1)相対の世界を見すぎている

2)自己肯定が弱い

3)自己の確立ができてない

4)ビタミン不足である

友人が死にたい(比喩ではない)とのことで、少し考えてみました。彼は、自分より優秀な方とお話した後に、そういう気分になったとか。誰でもあるよね、そういうこと。もっと言えば、死にたいと思ったことの一回や二回、誰でもあると思ってる。上記四点の具体的解決を書いてみたい。

 

1)相対の世界を見過ぎている

映画やドラマは虚構だと割り切れるけど、SNSでちょっとしたものを見たときに落ち込むとかね。大体、人は、自分よりちょっと何かができるとか、自分と近い人に嫉妬心を抱きやすいんだって。そういうことを自覚しておけば、少しは楽かもです。ネットを遮断するというのも一つの方法です。デジタルデトックスを設けて、ちょっと自由になろう。

人に会って落ち込まない方法は、同業者と会わないこと。違う技能、違う職種の人に会えば、比べようがない。あと、すご過ぎる人に会おう。比較しようがないくらいの。会ってもらえるなら、そのほうが断然いいっしょ。

だけど、全然これがないと、ダメ人間になっちゃうよね。適度に負荷をかけてもいいと思う。自分でコントロールできるんだから、コントロールしよう。あんな、自分の見るもの、会う人は自分で選べるんやで。

2)自己肯定が弱い

育った環境で養われなかったなら文句言ってる場合じゃなくて自分で養わないといけない。自己肯定感を持つって難しいよね。今日知人におすすめしたのはクリエイティブです。大層なもんじゃなく、自分の満足がどこにあるのかを知ってそれを自分で作り出してやる。例えば、私は半熟の味玉をこよなく愛しているのですが、ちょっとしたときに半熟の味玉を作って冷蔵庫に仕込んでおくとか、そういう暮らしの小さなことです。それをコツコツ積み重ねていく。これは、すごく精神が安定する。自分の満足がどこにあるのか、丁寧に見つけてあげてください。

もう一つは、例えば絵を毎日描くこと。上手い下手は関係なく、確実に今の自分にしか描けないものを描くってことに意味があります。写経なんかもいいかもしれない。車の中で毎日同じ歌を歌うと日によってコンディションが違うのがよくわかる。比較しているのは、昨日の自分と今日の自分です。ネットにアップしたら、また相対の世界に迷い込んでしまうので、一人でひっそりと出来ることがあるといいと思うし、できるかできないかってことに挑戦するよりも、簡単にできることを続けてみるといいと思う。

参考:鳩サブレを八年間黙々と作った人(鳩サブレはかなりハードル高いと思うけどエッセンスだけ。笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/wakuwakuicf

3)自己の確立ができてない

2の自己の肯定の次に3の自己の確立があるイメージで書きましたが、肯定感があっても大きな相対に触れるとぶれるときゃぶれるんだよね。私の極個人的な感覚だと、自己肯定を大切に、適度に負荷をかけていけば50才くらいには身に付くんじゃないかと。わはは。何が言いたいのかと言うと、長丁場なので、一喜一憂しないで、どっしりと先を見据えて行く事も時には大切、というお話です。精進しようぞ。

 

4)ビタミン不足である

死にたいという気持ちになるのは、脳の損傷という説もあったり、栄養の不足であるという説もあります。そうなると、具体的対処が必要だったり、治癒までに時間が必要だったりする。

試してみてもいいんじゃない?と思うのは、ビタミンCのメガドーズですかね。ストレスに対処する際、人はたくさんビタミンCを消費します。副腎という抗ストレス器官があり、これを機能させるにはビタミンCが必要なのです。これ読んでみてちょ。

ビタミンC4g摂取でスター獲ったマリオになったお話 ~疲れてる人へ~

あと、単純に考えて、脳の損傷があるなら、治癒のためには良質のたんぱく質が必要だったりするよね。

_______

 

友人は遠方に住んでいるので、ちょっと物事を整理して、こんな風に書くくらいが私の出来る限りですが、これで彼が一日でも乗り切れればいいなと思って書きました。同じように、周囲に落ち込んでいる人がいる方には、これ、オススメです。

 

プロカウンセラーの聞く技術

カウンセリングの本の中では最高峰ではないでしょうか。

広告