東京デモクラシー 1

「えるしってるか。私は特殊メイクをしていない」

甘いお菓子の空き袋が散乱したデスク。ひっきりなしに流し込むカフェイン。疲労しないようにバロンチェアを買って、だけど、私はその上に体育座りをして、パソコンのワードファイルを一心不乱に見つめていました。

デスノートという映画があったよね。私はまるでエルのようでした。エルと違うことが一つあって、それは私が特殊メイクをしていなかったこと。スッピンなのに、目の周りを黒くして、事務所から送られてきた曲を何度も何度もリピートしながら、チョコレートを貪りながら、ネット辞書を引きながら、私は歌詞を書いていました。働きながら、多い月には二日に一つ書いていた。どうしても書きたいアーティストの作曲の締め切りと重なることもあって、そんな時には締め切り後に寝込む覚悟でした。朝はベッドから起き上がるのではなく、まず、板張りの床に転げ落ちる。床に寝ているのが、寒くて苦痛だと感じるまで、屍のように床に落ちたままでいる。寒い冬の日には10分もすれば床の冷たさが本物の死を感じさせてくれるので、屍のまま起き上がれます。コンシーラをまぶたの下のくまに塗りこみ、カバー力の高いファンデーションを塗り出社。またパソコンの画面を見る仕事をして、目の奥はいつもガンガンと痛かった。恐ろしいので、一日に摂った糖分やカロリーは計算しないようにしていたし、夜中までアップテンポの曲を聴いた日はカフェインの効果も相まって寝付けなかった。明け方にやっと眠りが訪れ、毎朝、起きられないくらい辛かった。だけど、残念なことに、職場で倒れないくらいには生命を維持していました。倒れたらいいのにと思っていた。いっそ、意識が無くなればいいのに、と思っていた。今考えると、これ、立派な不幸の形の一つです。ぷ。

そんな私を支えていたのは、過去に読んだ言葉たちでした。10代20代と、私は、節操無く、手当たり次第、なんでも読む人でした。活字中毒だった。歌詞を書きながら、時間に追われ、溺れて藁をも掴むような状態の私を昔の言葉たちが助けに来てくれた。アドレナリンがドバドバと放出される締め切り三分前に、メロディを聴いてると、ふいに長いセンテンスが脳裏に浮かび、ぴったりとメロディに当てはまることがあった。いつか読んだあの言葉が、この言葉が、脳のどこかから引っ張り出されてきて、メロディに寄り添ってくれた。控えめに書いても、これはなかなかに面白いものです。書きあがった歌詞を見て、自分が行ったことではないような気分になるのは、悪くない。自分が不幸の坂をものすごい勢いで転がり落ちていても、どこか魅力のある作業でした。

「瀕死のリリック」

そんな風にして、綱渡りみたいに、半ばパズルを解くように歌詞を書き、マーケティングの知識を駆使して、だけど、直、限界が来ました。やはり、自分はなにも伝えるべきことを持っていないと思った。いや、伝えたいことはあったけど、伝えたいことなんてのは、死ぬまで胸に閉じ込めておくものなのだろうと考えていました。そうでしょ?だって、日本人だもの。苦しくても、苦しくても、また、どんなに優しい気持ちになっても、打ち明けたいことなんてのは胸のうちに秘めておくのが日本人です。規律とルールを守って、経済を志し、みんなと同じように暮らすのです。ずっとそんなことを続けている日本では、消費の為だけに存在するようになってしまった言葉たちが、いつも息苦しいと訴えているような気がしていました。だけど、みんな見てみぬ振りをしている。私も息苦しかったけど、自分を救い出すことより、みんなと同じことをするのが優先でした。私も見て見ぬ振りをした。第一、そんな切実な気持ちを打ち明けるような歌詞を乗せる曲は、事務所から送られてきません。思い返すと、言葉の消費に加担してこれ以上言葉を殺したくない気持ちも、私の中にある種の抵抗を生んでいて、私は余計に疲弊していたように思います。

ある日、有名な歌番組で私の書いた歌詞がテロップ入りで流れ、私はショックを受けました。この歌詞が、視聴率の高いこの番組で放送されるべきだったのか、私にはさっぱりわからなかった。短時間で効率よく、上手くできた歌詞だったと思っていたし、マーケットは明確に押さえていたし、言葉の音もセンスよくはまっていたし、自画自賛しますが、奇跡のように解けたパズルの美しさもあった。職業作家としては、上出来だと思っていました。採用され、放送されたことで、達成感だってあった。だけど、やっぱり私にはわからなかった。この歌詞が、見目麗しい女性の訓練されたパフォーマンスに乗せてたくさんの家庭に届けられた。・・・で?・・・So what?

次に私が取った行動が、また振るっている。私はショックに気が付かない振りで「嬉しかった」とブログを書き、寝てしまったのです。体を酷使してまでやるべきことだったのか、その時点でよくわからなくなっていたけど、自分の中でやっと細く繋がっていた糸が確かにぷっつりと切れてしまったけど、それにも無視を決め込んで、私は次の日も、その次の日も、走り続けるつもりだった。気が付かない振りをしたら、無視したら、自分の言葉が、前にも増して死んでいくことに薄々勘付きながら、「みんなと同じ」ように「今までと同じように」暮らすことが私をがんじがらめに縛り付けていました。

広告

「ビタミンC4g摂取でスター獲ったマリオになったお話 PART2」

前回のお話を書いてから、Twitterで「試してみます!」という方が多かったので、これは知っておいたほうがいいかも、と思ったことを書いておきますな。

・ お手洗いが近くなるかもしれない(私は二日目、三日目辺りがおかしかった)

・ お腹が緩くなるかもしれない(思い切って5g試したら、私はアウトでした。お腹が痛いーという程ではありません。量は個人差があると思うので加減してね)

・ おめめがパッチリするかもしれない。(眠気がないの比喩ではなく、物理的に)(むくみが取れたのか、なんなのか、年とともに引きにくくなっていたアイラインが、一筆ですっと引けるくらい、瞼がすっきりしてしまいました)

・ お腹が張ったような感じになるかもしれない。(私は、暫くしてLシステインも飲み始めたので、どちらの作用かはっきりはわかりませんが、今もちょっとお腹が張った感じがある)

その他、Twitterのお友達の秋さんが、私とほぼ同じ経過を辿り、経過をTweetして下さったので、引用させて頂き、それにお返事をする形で書いてみます。「使用者の喜びの声!」みたいだな。ウハハ。マリタンは何も儲けてませんよってに。ワハハ。

コンビニでファンケルのビタミンCを買ったので4gを試してみます。

ビタミン三日目。夜中に猫に起こされたので30分寝過ごしたけど、その後は悪くない。4gを3回に分けて食後に飲んでいる。このくらいの間隔でいいかな?

二度寝とお昼寝をしなくなったから都合二時間ほど長く起きている。でもへっちゃら。これもビタミン効果かしら。

甘いコーヒーを飲んだ後のように頭がしゃんとしているのは気のせいなのかビタミンのお蔭なのか。コーヒーと違ってカフェイン切れの怠さがなくてよいよい。

そうそう。最初、にわかには信じられず、気のせいだと言い聞かせたい自分がいる。笑

なぜ寝不足なのかは後で書きます。ビタミン生活関係。

ビタミン摂取をしてからの変化の一つに、疲れにくくなったというのがあります。夕方はアメリカ映画ゾンビみたいになっていたのに最近は生気があります。

そうなんです。以前は、起きたときからお昼にかけて段々ゾンビから人間へ、そして、人間になったと思ったら、15時頃からは下降線、夜にかけてまた段々とゾンビになっていく人生でした。マリオどころか、一日の内、二時間くらいしか人間じゃない。ひどい。だけど、ビタミンCを飲んでからは、朝起きたときから人間で夜寝る寸前まで人間です。人間て素晴らしいな?

夜もバッテリーが切れるように寝ていたのに、就寝時間になってもまだ余力を感じます。それでも夜更かしすると実験データにならないので同じ時間に寝ていました。

しかし昨夜は調子が良すぎてわくわくするような感覚。スター状態。ぱっちり目が覚めて眠れない。しかし辛い感じがしない。困った。いや困ってない。

そのまま右にゴロゴロ左にゴロゴロしてようやっと寝付いたのが4時過ぎ。二時間後に起床。寝不足の感覚はあるのに体調は良いという不思議な状態。なんだこりゃ。

私はバイオリズムによって、睡眠導入剤を飲んでいたので、比較的眠れていました。以前は、やることが終わったら、ナルハヤで倒れるように寝て、朝はできる限り寝る心意気でしたが、ずっと元気なので、いつ眠ればいいのかわからなくなります。短時間睡眠でも、朝お目覚めすっきりなので、困っちゃう。いや、困ってない。この辺りが心配な方は、睡眠導入剤も一緒にご準備を。

ビタミン生活四日目。匂いに敏感になっていることに気が付く。気のせいかと思っていたけどやっぱり違う。電車やエレベータで色んな人の匂いや残り香が分かるようになった。これは予想外だったなー。

アールグレイがいい香りだ。よきかなよきかな。

同じ現象が!亜鉛不足が解消されているのかもしれません。秋さんの味覚はどうなのかしら。

献血の後はしばらく足元がふらふらするけどビタミン効果があるのでは、と期待してる。明日報告します。

採血後は足元がふわふわして魂が3cmほど浮き上がってたのだけど、今日はしゃんとしてる。うーん凄い。

ただいま。今日は貧血にならなかったぞ。変化が大きくて心配になってくる。

ここ二日で睡眠時間が7時間も少なかったのに元気だ。でも確かに血は減っているので寝て回復させます。

ビビルよね・・・。秋さんも鉄分不足が解消されたように思えます。鉄分、亜鉛の吸収にビタミンCが一役買っていますな。ということは、元々、鉄分、亜鉛不足の方に顕著な変化が現れるのかもしれない、ということですな。

貧血がちょっと心配なので眠れる限界まで二度寝してみた。いつもなら10時間以上寝られるのに1時間半が限界。目覚めすっきり。

献血後の怠さからの回復に3日程度かかっていたのに、今は1日もかかっていない。血が増えているのかな?

血液に関しては不思議なことが二つありました。食べても眠くならない(胃に血液が集中すると頭がぼーっとなっていた)ことは書きましたが、虫刺されのあとを引っ掻いてしまい、血液が付いた白いシャツを洗ったところ、きれいにならないのです。以前から使っている漂白剤で、以前は落ちていた血液汚れが落ちなくなってしまった。なんだろこれ。濃度?ヘモグロビン?

という訳で、ビタミン生活六日目。副作用もなくすこぶる順調です。やったね。

マリTさんとビタミンCに感謝の念を送っておきます。

よかったっぺ!秋さんの健康に乾杯を捧げました。

Tweetを拝見していると、秋さんは、朝昼晩より更に小分けにビタミンCを摂取されているようです。うん、水溶性ってそういうことだよね。他にも試した方は、レポお待ちしておりますー!

そうだ、前の記事を書いてTwitterに投稿した際、激務系金融男子から「俺も(ビタミンC)ジャンキーです。疲れない」とメンション頂きました。早く教えてよ!!

2015-08-26-14-44-53_deco

三日前だか、ルピシアの紅茶が切れて、繋ぎのつもりでコンビニで購入した伊藤園の紅茶が、期待させないパッケージのくせに、驚くほど美味しかったです。ルピシアのベルガモットラインを超えているのではないでしょうか。アールグレイ好きで香りに敏感になった方は、是非お試しください。

ケンコーコム通販サイト

マツモトキヨシ通販サイト